包茎は不潔?病気・性病につながることもある?

 

包茎は不潔?病気・性病につながることもある?

 

包茎には主に3つのタイプがあり、仮性・真性・カントンに分ける事が出来ます。
仮性の場合は包皮が余っているだけなので、自分で包皮を引っ張れば簡単に亀頭を露出する事が出来ます。
真性の場合は包皮口が狭すぎるので亀頭を露出させる事が出来ません。
カントンの場合は亀頭を露出させる事は出来ますが、元の状態に戻す事が出来ずそのまま放置すると壊死してしまう可能性があるので十分気を付ける必要があります。

 

男性器は女性器と同様、どうしても雑菌が繁殖してしまいがちです。
ただ包茎ではない場合は簡単に亀頭などもきれいに洗う事が出来るので、それ程汚れてしまうと言う事は有りません。
しかし包茎の場合はそうではなく、包皮に包まれた亀頭の周りには沢山の汚れが溜まってしまい、結果的に不衛生になったりする事があります。
勿論臭いも強く発する事もあるだけでなく、そもそも汚れから炎症を起こしたり痛みや痒みなどを引き起こしてしまう可能性もあるので十分気を付けなければいけません。
女性の膣は自浄作用が有るのである程度の事には対応できますが、酷い場合は女性にも男性器の汚れによってトラブルが起きてしまう場合もあるので、自分だけの問題ではないと考える方が無難です。

 

従って、真性・カントンの場合は必ず手術をする方が良いと言って良いでしょう。
そうする事によって亀頭を露出する事が出来るので、衛生的にする事が出来るからです。
また仮性の場合は既に亀頭を露出する事は出来ますが、意識的にきれいにしないと汚れが溜まってしまう事も珍しくありません。
一般的に仮性包茎の手術は審美面を重視して行われる物ですが、この場合も手軽に衛生的にする事が出来ると言うメリットもあります。
従って包茎で悩んでいる場合は余計な病気を引き起こしてしまわない為にも、自分の状態に合っている治療を行う事が重要です。
手術はその中でも最も効果的な方法で、それを行う事によって確実に包茎を改善する事も不可能ではありません。