包茎になるのには何か原因があるのでしょうか?

 

包茎になるのには何か原因があるのでしょうか?

 

そもそも動物の亀頭は包皮におおわれているのが当たり前の事なので、包茎であったとしても何ら不思議ではありません。
亀頭はそれだけ大事な部位だからです。
しかし人間は話は別で、その状態になると恥ずかしいとか、何とかしたい、改善したいと思う人も決して珍しくありません。
文化によっては幼い頃に割礼を行ったりするので菅、日本の場合はそういった文化が元々ないので、包茎の人は大体60%程度いると言われている程です。
また抑々その状態自体が小さな子供の様に見えてしまうと言う事から、成人男性の中には見た目を気にして何とかしたいと思う人もいます。

 

では包茎になる原因とは一体何でしょうか。
その一つは包皮を元々剥かないと言う事です。
人間の皮膚は伸縮性に富んでおり、包皮に関しても幼い頃から入浴時に亀頭を露出して綺麗にしておけば自然と包茎にはならないようになります。
またなったとしても仮性で済むのですが、現在大人となっている男性が幼かった頃は、子どもの包皮を剥いてきれいにすると言う事をしなさいと言う子育てはされていませんでした。
ちなみに現在では幼い頃から剥いてあげる方が良いと言う情報もあるので、それを実践している保護者の人も珍しくありません。

 

もう一つは自慰です。
前述した様に、人間の皮膚は伸縮性に富んでいます。
ただ伸ばす事が多いと縮む前に伸びて行ってしまう、つまり包皮が次第に余って行ってしまうと言う事です。
勿論遺伝なども原因となっている場合もアリ、その原因は人それぞれだと考えておくと良いでしょう。

 

とはいっても、包茎自体は全く改善出来ないものではなく、手術などを利用する事によって治療を施す事は可能です。
現在では送いった外科的手術を行う事によって包茎を改善している男性も決して珍しくありません。
勿論術後は傷が残る場合もありますが、アンダーヘアなどで簡単に隠す事が出来るので衛生面からも、また機能面から考えても治療を行う事は十分メリットがある事だと言えます。