包茎手術を受けるならクリニック?泌尿器科?どっち?

 

包茎手術を受けるならクリニック?泌尿器科?どっち?

 

包茎手術を受ける際に候補となる医療機関にはクリニックと泌尿器科の二種類があります。

 

クリニックは包茎治療を専門として請け負っている、泌尿器科は包茎に限らずさまざまな病気の治療を行っているという違いがありますので、手術に際しても違いが出てきます。

 

ではどちらで手術を受けるのがベストな選択なのかというと、これは双方に異なるメリットがありますので一概に「こちらの方が優れている」ということは断言できません。

 

ですが大きな違いとして心得ておきたいのが「費用」と「仕上がり」の二つです。
まず費用に関してですがこれは明らかに泌尿器科の方が優れています。
泌尿器科で包茎手術を行う場合は「病気の治療」として扱われますから保険適用で治療を受けることが出来るのです。
仮性包茎だと適用対象外になる点は注意が必要ですが、最終的な費用が2〜5万円の範囲に収まることが多いため予算があまりないという人には何よりもお勧めできます。

 

対して仕上がりについてはどうかというと、これはクリニックの方が優れています。
もともと泌尿器科の最大の目標は病気、この場合は包茎の治療にあるわけですから仕上がりの美しさについては度外視されることが多いのです。

 

そのため傷跡をボーダーラインとしてツートーンカラーになってしまうことが多く、外見的に「手術をしたのだ」と分かりやすくなります。
しかしクリニックは治療と同時に仕上がりの美しさ、顧客の満足感を重視する傾向にありますから非常に自然な見た目にすることができ、手術をしたことが外見からはわからないほどにすることもできます。

 

こうしたことをまとめると「費用を重視する場合は泌尿器科で受けるべき」、「仕上がりを重視する場合はクリニックで受けるべき」という住み分けが見えてきます。

 

術式が進歩していけばそうした違いが薄れていく可能性は高いですが、少なくとも現在では費用を重視するか仕上がりを重視するかで選ぶべき医療機関は変わってくるのです。