包茎手術の費用の相場はいくら?保険は適用できる?

 

包茎手術の費用の相場はいくら?保険は適用できる?

 

包茎手術の費用は概ね5〜15万円くらいとなります。
仮性包茎が最も安く、カントン包茎、真性包茎は少し高くなります。
手術方法によっても料金が変わりますし、麻酔の種類、使用する糸なども影響します。
仮性包茎の治療に関しては、どこで治療をしても原則として健康保険は適用となりません。
そもそも病気とはみなされていないので、保険は使えないわけです。
緊急性の低いインプラント治療、薄毛治療、ED治療などに保険が使えないのと同じ理屈です。
ただし、真性包茎に関しては適用となる場合もあるので、事前に医療機関に聞いておきましょう。
医療機関によって適用になるところもあれば、ならないところもあります。

 

真性包茎に適用となる理由は、改善するべき症状とみなされるからです。
包皮をむけないと恥垢が溜まり、包皮亀頭炎のリスクを高めます。
SEXをするときパートナーの性感染症のリスクも高めるため、双方の健康のためにも治すべき症状とされています。
手術が必要になるかどうかの目安は、無理なく包皮をむけるかです。
簡単にむけるならシャワーで洗浄できるので、不衛生になることはないでしょう。
しかし、むくのが非常に大変な状態ならば、手術が必要と判断されることも多いです。
平常時のペニスのときは無理なくむけても、勃起してむけなくなる場合も注意が必要です。
包皮がむけた状態で勃起してしまうと、包皮が元に戻らなくなる可能性があります。
血行障害を引き起こし、最悪のケースでは壊死状態になることもありえます。

 

保険の適用外の場合は、10万円くらいかかると考えておくのが無難です。
最近は料金が安くなってきましたが、これはクリニックが増えたためです。
料金を引き下げることに勝る集客方法はありません。
ただし、安さだけで選ぶと失敗するので注意しましょう。
相場よりも高くても、綺麗に仕上げてくれるクリニックを選ぶべきです。
安さを売りにしていても、再手術が必要になるとかえって高上がりになってしまいます。