包茎手術後に再び仮性包茎に戻ってしまうことはない?

 

包茎手術後に再び仮性包茎に戻ってしまうことはない?

 

包茎手術をすれば、原則として仮性包茎に戻ることはありません。
治療の失敗例として多いのは、傷跡が目立つ、ツートンになってしまう、包皮に違和感を覚える、感度が弱くなる、などです。
これらのミスは医師の経験不足により起こることがほとんどです。

 

包茎を得意とする医師ならば、こうした失敗はほとんど起こりません。
手術に100%の成功はありえませんが、失敗しても術後のアフターケアで不具合を解消していくことが可能です。
初回の手術よりも再手術のほうが高度な技術を必要とするので、再手術の経験豊富な医師に依頼すると安心です。

 

最近は包茎治療を積極的にアピールするクリニックが増えています。
これは歯科がインプラントを推奨するのと同じです。
健康保険の適用外の治療ゆえに、非常に利益率が高いのです。
そのため、未熟な医師も包茎手術に参入し、利益を得ようと考えているわけですが、技術が未熟なので失敗率が高くなるわけです。
安さだけでクリニックを選ぶのはおすすめできません。
包茎の治療は生涯において、1回すれば多いほうでしょう。

 

仮性包茎ならば治療をしないで放置しておく方もいます。
治療が必要かどうかは、症状の度合いにより変わってきます。
最終的に自分が違和感を覚えるかどうかです。
日常生活においてほとんど支障を感じていないなら、そのままの状態で問題ないでしょう。
しかし、お風呂で包皮をむいて洗浄するとき、友達と銭湯に行くとき、SEXをするときなどに不都合を感じるようなら、早期のうちに治療しておく必要があります。

 

包茎自体がコンプレックスになっていると、EDを招いてしまう可能性もあります。
また、亀頭に包皮の圧迫感が加わることで、短小を招いてしまうこともあるのです。
亀頭が露出している方のほうが、大きいサイズの持ち主であることが多いのは本当です。
いずれにしても、手術の実績の少ない医師に治療を任せるのは避けましょう。
クリニックのWEBサイトで症例件数はよく調べておくべきです。"