日本人男性の何%が包茎?外国人男性と比較してどうなの?

 

日本人男性の何%が包茎?外国人男性と比較してどうなの?

 

日本人男性の約60%から70%程度歯包茎だと言われています。
ただ真性・カントンの場合は少なく、多くの場合は仮性包茎と呼ばれる状態で、自分の意志で包皮を剥けば簡単に亀頭を露出する事が出来る状態となっています。
仮性の場合は衛生面に気を付ければそれ程問題はなく、勿論性行為に対しても何ら問題は有りません。
本人にとってはコンプレックスの原因となる場合もありますが、亀頭を露出する事が出来るので、温泉などの場合は見栄を張って包皮を剥いて亀頭を露出した状態にしていると言う人もいるのが現状です。

 

では、外国人男性と比べるとどれくらい多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。
そもそも日本人男性の60%から70%が包茎と言う数字を見る限り、外国人男性に比べると少ないと言う事は言えないのではないかと簡単に予想する事が出来るはずです。
実際に外国人男性の場合も、やはり70&%程度は仮性包茎である場合も珍しくありません。
ただ文化の違いによって、外国では割礼が行われる事もあり、その場合はまた違った数字となってきます。
従って地球上の男性の約60%から70%位は包茎である可能性も十分ありますが、その状態を放置して良いと言う事ではなく、出来れば治療する方が無難な場合も多々あると言う事を知っておきましょう。

 

包茎の治療法としては運動をする事などもありますが、効果的な方法は外科的な手術を受けると言う事です。
この場合は包皮口を広げる事が出来るだけでなく、余っている包皮を除去する事も出来るのでどんなタイプの包茎にも対応する事が出来ると言うメリットがあります。
勿論手術を行うので再び前の状態に戻ってしまうと言う事もなく、男性器の状態にコンプレックスを抱いている人でも今以上に悩みを抱く必要は全くありません。
術後は少々気を付けなければいけない事もありますが、その後の人生を考えると包茎から解放されると言う点からも手術自体は決して無駄な方法ではないと言う事が言えます。