そもそも包茎は手術・治療で治す必要があるのか?

 

そもそも包茎は手術・治療で治す必要があるのか?

 

包茎は手術をしたり治療をしたりする必要があるのかという話ですが、これは程度によります。
つまり、健康面で全く問題がない場合には本人たちの考え方次第ですから、必要が無いとも言えますし健康面で問題が発生するようであれば治した方がいいということになります。

 

皮を剥こうと思えば剥くことができて、勃起時に亀頭が完全に露出をして普段は皮を被っているというタイプの仮性包茎は、清潔さに気をつけていれば問題となるのはほぼ見た目だけということになります。
普段は皮を被っていることで、いざ亀頭が露出した時に刺激が強すぎて早漏気味になってしまうといった問題が起きることはありますが、これに関しては刺激に慣れる訓練をすることで治すことができますから、問題となるのは見た目の問題となります。
これは本人と関係する人の意識の問題であり、性行為の際に問題がなければよしとするのであればリスクを冒して手術を行うような必要はありません。
しかし、どうしても見た目が気になってコンプレックスになってしまっているというのであれば、手術をして綺麗にするというのも有りでしょう。

 

一方、勃起をしても完全に亀頭が露出することなく無理に皮を剥こうとしても剥くことができないという場合には、清潔さを保つことが難しく、様々な病気の原因となってしまう可能性があるのでこの場合のは手術や治療をしたほうがいいといえます。
このような包茎の場合には、見た目の問題以上の大きな問題が山積みとなっていますから治療をしたほうが、将来的にもいいといえますし、治療をすることによって見た目のコンプレックスも解消することができますから手術をするメリットは大きなものとなります。
手術というのはリスクがついてまわりますから不安に思う人もいるかも知れませんが、重度の包茎の場合にはそれを放置するリスクというのもあるので、このようなケースでは手術をするなど的確な治療をしたほうが良いのです。