包茎の男性には早漏が多い?関係性はあるの?

 

包茎の男性には早漏が多い?関係性はあるの?

 

包茎と言うのは、亀頭が包皮に包まれた状態です。
1枚何かで守られている状態になっているので、亀頭自体は下着などでこすれてしまう事もなく、とてもデリケートな状態になっていると言って良いでしょう。
早漏は射精のコントロールが出来ない状態で、人によっては挿入してから3分程度で射精してしまうと早漏だと思う事も少なくありません。
また中には1分程度しか持続する事が出来ないと言う人も存在しており、その人にとっては大きな悩みとなり得ます。

 

早漏の大きな原因は、亀頭が刺激に耐える事が出来ないと言う事です。
通常普段から下着などでこすれて刺激をある程度感じている亀頭であれば、女性器に挿入して少しこすれたからと言って簡単に射精してしまうと言う事は有りません。
また自分で何とかコントロールする事もできます。
しかし普段包皮にくるまれている亀頭はそうではなく、少しこすれるだけでも強い刺激を感じてしまう事があります。
勿論その刺激は当人にとっては強すぎる為、簡単に射精に至ってしまうのです。
またその状態が続く事によってその人自身の心にも影響を与えてしまい、性行為自体が嫌になってしまうと言う事も決して珍しくありません。
従って、包茎の男性の場合はどうしても早漏になってしまう事が多いと言えます。
ただそう考えると、その場合は包茎を改善すれば早漏自体も徐々に改善されていくと言う事になると言って良いでしょう。

 

包茎を改善する方法としては、様々な治療法があります。
器具を使って運動をするとか、仮性包茎の場合は普段から包皮を剥いている癖を付けると言うのも一つの方法です。
また真性の場合などはそもそも亀頭を露出する事が出来ないので、この場合は外科的手術を利用する事になります。
これによって亀頭を露出する事が出来る様になり、人によっては徐々に早漏が改善されていくと言う事も少なくありません。
ただ手術に関しては行う病院によっても方法が違うので、自分の予算や目的に合っている所を選びましょう。