包茎手術・包茎治療の種類にはどんなものがある?

 

包茎手術・包茎治療の種類にはどんなものがある?

 

包茎手術は真性包茎やカントン包茎など、そのままの状態で放置すると不衛生であり、かつ性病にかかりやすい状態のものには保険が適用されます。そのため、通常は10万円ほどかかる手術を3割負担で行うことができ、数万円で手術ができるようになります。しかし、あくまで包皮を切除するだけなので、明らかにその手術が行われたと丸分かりになる場合もあります。これでは恥ずかしいという場合には自由診療の形で治療を行っていくことになります。また、仮性包茎は適用の対象外です。

 

手術の種類としては、どの糸を使うかによって変わってきます。安く行いたい場合にはナイロン糸を使用します。ナイロン糸で行うと、1度抜糸が必要となり、もう1度クリニックを訪れなければなりません。一方、吸収糸の場合には糸が吸収されてなくなってしまうため、抜糸をしなくて済む場合もあります。中には、吸収されず残り、自分の手で引き抜く場合もありますがそうした場合でも効果が落ちるということはありません。

 

オプションのものとして、包皮の状態をより自然なものにする手術や露出した亀頭がまだ弱く、ちょっとした刺激にも耐えられない状態も予見されるためその部分にコラーゲンを使うというものや、ヒアルロン酸を注入する場合、そして、亀頭のブツブツを取り除くものなど様々あります。こうしたものを全てやることで数十万円になることもあります。

 

医院によって包茎治療に関するスキルや力の入れ具合が違い、包皮を切ることなく手術を行うケースや包皮の口を広げたり、裏筋の調整を行うなど、様々な治療法が用意されています。この際、注意したいのが医師の側から様々なオプションを勧められることです。あくまで包茎の状態をなんとかしたいというのであれば、オプションは後からでも検討すればいいのでまずはどう行うのかという観点で話を聞くようにしましょう。1つの場所に決め打ちするのではなく、いくつものクリニックに相談しに行く方がいいでしょう。